背中ニキビが出来てしまうその気になる原因とは!?

 

背中ニキビは繰り返し出来てしまうやっかいなものです。そこでここでは、背中ニキビの原因を書いてみたいと思います。

 

主な背中ニキビの原因は次のようになります。

  • 背中を力いっぱい洗ってしまう
  • 背中の皮脂・汗が多い
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ビタミンB群の不足

などが考えられます。以下から詳細を確認していきましょう。

 

背中を強くこすったりして洗ってしまうと、角質が剥がされすぎてしまうため肌が固くなってしまいます。その結果、皮脂が増えてしまい、皮脂の詰りが起きてしまいやすくなるので背中ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

また洗浄力があるボディーソープを使うのも控えた方が良いです。というのは合成界面活性剤が含まれており、必要な角質と皮脂までも落としてしまいます。その結果、肌の乾燥を防ぐために、皮脂が過剰分泌されてしまうので、注意が必要なのです。

 

これらは、これからにきびケアをして改善した後でも、覚えておきたい知識となります。また背中の保湿は、ニキビケアにおいてはとっても大切なので、しっかりとしたケア用品を使用するとよいでしょう。

 

 

次にホルモンバランスの乱れの主な原因となりやすいのは以下になります。

  • ストレス
  • 不規則な生活による睡眠不足
  • 無理なダイエットなどによる食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 酒をよく飲む

これらは、ホルモンバランスは崩れてしまうので注意が必要になります。

 

ビタミンB群の不足にも注意が必要です。というのはビタミンB群には、皮脂の分泌を正常にに保つ働きがあるからです。ビタミンB群が不足してしまうと、過剰に皮脂分泌をされてしまい、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

※参考までにビタミンB群が多く含まれる食べ物を確認してみたい方はこちら

 

以上が、背中ニキビケアの原因となります。これらの原因を作らないようにしっかりと見直していきましょう。

 

背中ニキビの「治し方」を確認したいなら、こちら